start and...

『自分や人生を変えたい・・・遅すぎるなんてないよね?』ちょっと不安を抱きながらも試行錯誤、チャレンジ、挑戦、もがきたい・・・!日常の出来事や経験、思ったこと、うつ・パニック・不安、愛犬ポメラニアンのことなどを綴っていきます。気持ちの整理も兼ねて書くから文章がまとまっていないこともあるかも?

スポンサーリンク

久しぶりに高まった不安感、恐怖感。

週末のポメ子の専門病院受診を前に私にちょっと問題が発生しました。

2017年にうつ病が悪化してから実家に帰省する以外は遠出を避け、日常生活圏を出なかった私。

ちなみに、私の日常生活圏はバス+電車30分圏内です。

日常生活圏を出る必要もなかったので、出ることなく過ごせてきました。

でも、今回は日常生活圏を出なければいけない。

家から動物病院まで順調にいって高速使って1時間。

高速なんていつぶりだろう?

基本、いつお腹がいたくなるのか、いつ気持ち悪くなるのか、いつパニックに襲われるかわからないので「トイレがない」という状況が怖いのです。

腹痛 、吐き気にトイレは欠かせないけど、なぜかパニックになるとトイレにこもりたくなります・・・極度の緊張感から吐き気を催すからでしょうか。

新幹線とか特急とかトイレつきの乗り物はわりと大丈夫です。

でも、トイレに入るまでに行列で10分とかかかるような緊急対応できないトイレはダメです。アウト。

あと、高速は渋滞はまってトイレに辿り着けない可能性があるので非常に辛い。

車は公共交通機関と違って自由がきくけど、トイレが見つからないとアウトなのも辛いところ。

そんな「トイレがある」ことに異常に執着している私は、とても簡単にいうと長時間の移動が苦手。

ちなみに、私の長時間は・・・1時間は確実に長時間です。今は。

つまり、今回の動物病院までの1時間は私にとって、近年避けてきた長時間の移動なのです。

初めは、「大丈夫でしょ。」と思ってました。

でも、大丈夫じゃなかった。

週末が近づくにつれて、不安と恐怖が出てきました。

「やっぱまだ大丈夫じゃないんだね~。」とうっすら悲しいというか落ち込んだり。

まぁ、回復にはまだ遠いと自分でも感じているので「そりゃそうか。」と納得しました。

トイレもらしたりしたら恥ずかしいけど死にはしないし、「体当たりで行っちゃおっかな~。」と思ったけど、万が一私の体調が「動物病院に行く」という一番の目的に影響したら嫌なので、急遽病院に行って念のため薬をもらってきました。

「日常生活では必要ないので、その時だけやり過ごせるような薬をください。」と言って。

予約を早めてやって来た私に、医師は何かあったのかと思ったらしいけど、「そういうことなら。」と薬を処方してくれました。

薬は、当日、なくても平気そうならのみません。

ダメそうなら諦めてのみます。

一番の目的はポメ子を動物病院に連れていくこと。

それより、週末、関東は雪予報なのが気になります。

普通タイヤで雪は危険すぎるので行けない・・・。

ポメ子は、かかりつけ獣医さんから処方された薬をやめて1週間が経ちますが、その間嘔吐がないので一安心です。

(写真を挿入しようとしたら、やっぱりアプリが強制終了しました・・・。)