start and...

『自分や人生を変えたい・・・遅すぎるなんてないよね?』ちょっと不安を抱きながらも試行錯誤、チャレンジ、挑戦、もがきたい・・・!日常の出来事や経験、思ったこと、うつ・パニック・不安、愛犬ポメラニアンのことなどを綴っていきます。気持ちの整理も兼ねて書くから文章がまとまっていないこともあるかも?

スポンサーリンク

メイラックス断薬。長引く頭痛は離脱症状の可能性もあり?

5月の半ばからメイラックスの服用をやめました。

ついに目指していた断薬にチャレンジです!

依存の危険性のある薬なので、断薬中から「何か離脱症状は出るだろうか?」とちょっと心配していました。

メイラックスを1㎎から0.5㎎への減薬の途中経過はこちら。↓

www.start-and.com

断薬してから1か月ちょっと経ったので途中経過をまとめました。

メイラックスの断薬についてまとめました。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬 メイラックス(ロフラゼプ酸エチル)とは?

メイラックスは、ベンゾジアゼピン系と呼ばれる抗不安薬です。

抗不安作用、筋弛緩作用、抗痙攣作用、鎮静・催眠作用があり、不安を伴う様々な心の病気に使用されます。

メイラックスは即効性のある薬で、私自身何度もその効果に助けられました。

その一方、医師による処方量を守って服用していても依存の危険性が指摘されている薬で、断薬する際は少量ずつ減らしていくなど工夫が必要な薬でもあります。

cocoromi-cl.jp

メイラックス断薬による離脱症状

メイラックスを断薬してから「これは離脱症状かな?」と思う症状がいくつかありました。

しかし、私はもともとストレスがたまったり考えすぎたりすると息苦しくなったり、緊張型頭痛と片頭痛の混合型頭痛があったりと、不調と起こしやすいので「これは絶対に離脱症状だ!」と確信は持てませんでした。

その曖昧な状況が逆に良かったのか、離脱症状を意識しすぎることなく過ごしています。

ただ、今まで経験のない出方をしている頭痛は離脱症状が影響しているのかな・・・と思っています。

身体的な離脱症状

メイラックスの服用をやめてから2~3日後、息苦しさ、肩こり、頭痛がありました。

1週間後にはめまいがありました。突然、グワンッと揺れたような感覚です。

頭痛以外の症状は数日でなくなりました。

減薬の時もそうでしたが、離脱症状のような気もしますが、「なにか離脱症状出るかな?断薬できるかな?」という不安も影響していたように思います。

今、メイラックスをやめて1か月ちょっとですが、最近になって窓から入ってくる太陽の光や電気がすごく眩しく感じる、目がギューッと痛むような感じがあります。

ちょっと気になるところですが、「光は眩しいものだよな・・・。」とも思っています。

精神的な離脱症状

メイラックスの服用をやめてから1週間後、朝目覚めた時に心地の悪い緊張と不安を感じました。

私にとって一番怖い症状は精神症状で、この心地悪い緊張と不安です。

「やっぱり出たか。どれくらい続くんだろう・・・。」と心配になりましたが、1日のみで翌日からは緊張と不安を感じることはありませんでした。

長引く頭痛も離脱症状?

私は、ペインクリニックで緊張型頭痛と片頭痛の混合型頭痛の治療をしています。

治療の成果もあってか、1年位頭痛は落ち着いている印象がありました。

でも、ちょうどメイラックスの服用をやめた1か月ちょっと前から今までに経験したことのない頭痛の出方をしています。

どちらかというと緊張型頭痛の特徴が強いような、弱い緊張型頭痛、強い緊張型頭痛と弱い片頭痛、強い片頭痛が合わさって、毎日起きている間中ずっと痛みがあるような状態です。

明らかな片頭痛の日もあるので離脱症状という確信はありません。

ただ、「たまに頭痛がする」状態だったのが「頭痛がしない日がない」という状態に変わっていて、「生きているのも嫌」と思うくらい辛いです。

そして、鎮痛剤も片頭痛治療薬のトリプタン製剤もいまいち効果がありません。

薬がいまいち効かないというのもまた辛くて、困ったものです。

(この2~3日は、1日のうち頭痛のない時間帯も出てきたのでちょっと楽になりました。)

つい最近までこの頭痛の正体が何なのかさっぱり分からず、ネットで検索魔になってみたり、坂井文彦医師の『「片頭痛」からの卒業』という本を読んだりもしました。

ちょっと頭痛に振り回されて迷走しましたが、片頭痛はとても辛い頭痛なので、頭痛のメカニズムや予防体操など興味深い内容でした。

先日、ちょうど精神科の通院があったので医師に頭痛で精神的辛いという話をすると、「メイラックスには筋弛緩効果があったから(メイラックスをやめたことが)影響してるかもね。」と言われて、なんだか腑に落ちました。

メイラックスをやめたことで筋肉の緊張を緩める効果がなくなったので、筋肉の緊張があって頭痛が出ているのかもしれないということでした。

それなら、私が感じている『緊張型頭痛のが強いような』という感覚と一致します。

緊張型頭痛は、肩や首の筋肉のこりが原因で起きる頭痛です。

これは私の推測ですが、メイラックス断薬の影響を受けてもともとある緊張型頭痛と片頭痛が毎日のように起きているのではないかと思っています。

メイラックス断薬の影響で頭痛が起きているのであれば、メイラックスを服用すれば頭痛は治まるかもしれません。

「メイラックスの断薬で生きているのも嫌と思うくらい頭痛がするなら、再度服用した方が楽になるんじゃないか。のんでしまおうか・・・。」とも思いました。

でも、永遠に飲み続けるにはリスクのある薬だし、いつやめるとしても何かしらの症状が出てしまう可能性があるなら、今頑張ろうと思っています。

ついでに、どうせ鎮痛剤もトリプタン製剤もあまり効果がないのであれば、薬物乱用頭痛の解消を目指して、『「片頭痛」からの卒業』の中で坂井文彦医師が言及している鎮痛剤のデトックスもできたら一石二鳥かなと思っています。

症状の再燃はなし

断薬による症状の再燃はありませんでした。

離脱症状と思われる症状が長期間継続していたらもともとの症状がぶり返したと思えるのですが、頭痛や眩しさ以外の症状は継続することなくすぐに治まったので、症状のぶり返し=再燃はないようです。

過去に症状の再燃も経験しているので、それがどれだけ辛く不快なものかも知っています。

だからこそ症状の再燃は怖い、不安に思う部分ではありましたが、そんな兆候もなくホッとしています(*´ω`*)

断薬や離脱症状について思うこと

私は4月の半ばから2か月くらいでメイラックスを減薬、断薬してきました。

ネット上には「期間が空いてから症状が出始めた」とか「離脱症状が1年半続いている」という情報もあり、まだまだ安心はできません。

でも、この2か月を過ごしてきて、メイラックスの効果が十分発揮されて症状が根本から治まっているのであれば、離脱症状は一時的なものなのかなと思います。

さらに、私のようにもともと頭痛などの持病がある場合は、メイラックスの断薬により影響を受けて持病の症状が悪化したり、強く出ることもあるのかなと思います。

メイラックスをやめたあと緊張や不安が再び出始めたら、私も断薬は中止したと思います。

今の状況として、頭痛には悩まされていてちょっと心が折れそうになったものの、頭痛を感じない時間帯も出てきたことでちょっと希望が持てています。

このままメイラックスの断薬を継続して様子を見たいと思います。

精神症状は継続することなく、身体症状のみなのでなんとか頑張れています。

ただ、減薬時の離脱症状と思われる症状が一時的だったのに対して、今回の症状が長期間続いていることからすると、減薬と断薬は違うなと思います。

体からしたら、少量でも薬が入ってくることと全く薬が入ってこないことはやっぱり違うようです。

医師によって見解が異なることもあるようですが、やっぱり断薬は医師と相談しながら行っていくのがベストで、無理だと感じたら中止する勇気も必要だと思いました。

せっかく、やっと断薬にチャレンジできるところまで来たのに中止なんて、ショックだし落ち込むけど、焦りも良くないんだな・・・と。

ネットで断薬の仕方を調べると多くの情報があり、それらにも書かれていますが、焦らず、無理せず、医師と体と相談しながら進めていくのが基本なんだと思いました。

信頼できる医師とともに、情報に振り回されすぎずに取り組むことも大切だと思います。