start and...

『自分や人生を変えたい・・・遅すぎるなんてないよね?』ちょっと不安を抱きながらも試行錯誤、チャレンジ、挑戦、もがきたい・・・!日常の出来事や経験、思ったこと、うつ・パニック・不安、愛犬ポメラニアンのことなどを綴っていきます。気持ちの整理も兼ねて書くから文章がまとまっていないこともあるかも?

スポンサーリンク

選挙運動。自転車に乗った候補者ご本人を目撃・・・さわやかね~。

今日も午前中にポメ子の散歩に行ってきました。

今日は帽子をかぶって行ったのですが、昨日ほど太陽が気持ちよく感じられませんでした。

ガッツリ日光からカバーしてくれるツバ広帽子のため、日光をあまり感じられなかったからでしょうか?

紫外線は浴びたくないけど、太陽の気持ちよさは感じたい・・・矛盾です。

選挙運動も追い込み?

選挙の投票日は明日です。

選挙運動も追い込みがかかっているのか、選挙カーの声が大きくなっている気がします。

「みなさん、応援ありがとうございます。」って言ってるけど、「そんなに人いない気が・・・?」という疑問はおいておいて。

「最後のお願いにやってきました。」らしい。

次々に選挙カーがやってきます。

f:id:poroppooo:20190420135913p:plain

ポメラニアンVS選挙カー

うちのポメ子はまだまだ外が怖いんです。

歩行者、自転車専用の川沿いの道は楽しく歩けるようになってきたようで、たまに土や草の匂いをかぐ余裕もあるようです。

でも、家に帰るにはどうしても車も通るアスファルトの道を通らなければいけません。

ただでさえ車の発信音やバイクの音、トラックのブレーキのきしむ音・・・怖い音がするのに、最近は選挙カーという新たな障害が加わりました。

選挙カーが近づいてきただけで、ポメ子はその場を逃げ出したくてひっぱるひっぱる。

ポメ子は完敗でOKだとしても、トレーナーさんから「外の音、色々な種類の音に慣らして下さい。」と言われている飼い主はあっさりポメ子に引きずられて完敗を受け入れるわけにはいかないのです。

・・・ポメ子の本当の敵は選挙カーじゃなくて私か。

自転車に乗った候補者ご本人が突然登場

そんなこんなでトレーナーさんからのミッションをこなしながら家についた私たちなんですが、家の鍵をあけようとしたら背後からザザザザザッという音がして、抱いていたポメ子がビックリして暴れたんです。

「何だ?」と後ろを振り返ると、自転車を持ち上げて進行方向を変える青年が。

さっき通り過ぎたばかりの選挙カーの候補者ご本人ではないですか。

スーツを着てキレイな自転車にまたがってさわやか~・・・。

ポメ子は小さいので何かと死角に入りやすく、出会いがしらの衝突などの危険を避けるために私は周囲をよく見まわすようにしているんですが・・・。

少なくとも自転車に乗った候補者ご本人は私の視界に入らなかったナ・・・。

そして、カーはもういない。

「え、カーと完全別行動?普通、並走まではいかなくても近くを走りながらPRするんじゃ・・・?スピーカーもラジカセもなく、ただチャリこいだって意味ないやん!まさか頑張ってチャリこいできたフリじゃ・・・。

なんて私の視線に気づいたのか、候補者ご本人がペコリ。

私もペコリ返し。

いや、そこ手を振って「〇〇です、よろしくお願いしま~す。」じゃないの!?

小道だからって完全に気抜いてただろっ!

ただの自転車乗った青年に戻ってるがな!

っていうか、いつの間にそこに登場したっ!?

どこでもドアか!?

私的には、自転車に乗った候補者ご本人って事務所から汗水たらして必死に自転車をこいでいるイメージがあったので・・・。

疑惑がはれないんですが、疑っていても仕方ありません。

彼は私の家の前というヘンピな所から自転車での選挙運動をスタートしたということにしたいと思います。

あ、これからカーと合流するかもしれないし!

うんうん、そうしよう。

考えてもね、仕方ないことは考えないに越したことない。

こんな小さなことから考え方とか捉え方を変える練習しよう、その題材だと思おう!

考えすぎは百害あって一利なしです。

 

本日もお付き合いいただき、ありがとうございました。